MENU

麻酔科 ペインクリニック

「ペインクリニック」は「痛みの外来」であり、痛みの専門診療科です。
特に慢性疾患を多く扱っていますが、もちろん急性の痛みにも対応しています。

また「痛み」ではありませんが、「神経ブロック」が有効な慢性疾患にも対応しています。

ペインクリニックの治療方法

pain clinic

ペインクリニックでは、ブロック療法という治療法をよく使います。局所麻酔薬などを特定の場所に注射し、痛みをブロック(遮断)します。
この手法を使い、痛みを取っていくことができます。これは、ペインクリニック専門医の特殊な技術で、多くの経験と症例を積むことにより、安全により確実にブロックができます。

さらに、神経ブロックの他、理学療法、漢方薬も含めた薬物療法を組み合わせ、一人ひとりの患者様に合った慢性疼痛治療を行っています。

神経ブロック療法とは

神経ブロック療法とは、神経や神経の周辺に局所麻酔薬を注射して、痛みをなくす方法です。麻酔薬が神経に作用し、痛みの伝わる経路をブロックすることで、痛みを取り除きます。痛みが緩和されることで血流が良くなり、筋肉のこわばりもなくなります。
一回で痛みが完治するものではなく、薬物療法と併せて複数回実施するのが一般的です。

神経ブロック療法には、いくつか種類があり、痛みの種類や症状により使い分けます。主なものは以下の通りです。

神経根ブロック

神経根ブロックとは、腰部脊髄から出ている「神経根」に局部麻酔薬や消炎鎮痛剤を注入し、下肢の痛みを和らげる方法です。

☆腰椎椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症の下肢のしびれ・耐え難い痛みに効果的です。

硬膜外ブロック

硬膜外ブロックとは、背骨の下の方(腰のあたり)に局所麻酔薬を注射し、脊髄を覆う「硬膜(こうまく)」の外側にある「硬膜外腔(こうまくがいくう)」に局部麻酔薬を注入して、神経の炎症を抑えて痛みを取る方法です。

☆腰痛、下肢痛をはじめ、帯状疱疹など頸部以下の痛み全般に対して効果的です。

星状神経節ブロック

星状神経節ブロックとは、首の付け根、喉のあたりにある「星状神経節」という交感神経の節に局所麻酔薬を注射して、交感神経の機能を一時的に抑える方法です。

☆顔面・上肢の帯状疱疹、顔面神経麻痺などの方頭痛、肩こりなどの慢性症状をお持ちの方、さらには鼻アレルギー(いわゆる花粉症)などの様々な症状の緩和に有効性が示されています。

〒500-8238
岐阜県岐阜市細畑3-15-10
電話受付時間|9:00~19:00
TEL:058-249-3311
© 2019 hosobata clinic